ほうれい線を本気で消したい!!今日から始められる対策法とは?

 

気になると毎日ついつい見てしまうほうれい線。

 

それだけでちょっとブルーな気分になるのはアナタだけではありません。

 

「これさえなければ、まだまだイケてる自分なのに...」そんな感じでほうれい線に悩む方はご注目!

 

今回は、今日からできるほうれい線対策をご紹介します。

 

どれも気軽に始められるほうれい線対策ばかり!すぐに始めてまわりの人に差をつけましょう。


 

疑問!口の横のシワ「ほうれい線」ができるのは、なぜ?


10代、20代では、ほうれい線が気にならなかった方も多いのではないでしょうか?

 

それが一体なぜ、年齢を重ねてくると女性も男性もほうれい線が気になってしまうのでしょう。既にできてしまったほうれい線を消す方法はないのでしょうか。

 

それではまず、今後の対策のために、ほうれい線のできる原因についてお話していきます。

 

加齢

まず、ほうれい線の原因としてあげられるのが“加齢”です。

 

というのも、人は生まれながらにして、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンといった美肌成分を持ち合わせているのですが、20代後半をピークに男女共にどんどん減少していきます。

 

その上、顔の筋力が低下してしまうので、重力によって顔が下に下がりやすくなり、ほうれい線ができてしまいます。

 

さらに、加齢とともに肌が水分を保持する力も衰えていくため、肌が固くなり、一度できてしまったほうれい線はなかなか元に戻らなくなります。

 

とくに男性の場合は、女性のようにスキンケアをまめにする習慣がある人が少なく、肌に無頓着な方も多いので、肌はそのままどんどん弾力をなくし、衰えてしまいほうれい線が濃い人となってしまいます。

 

紫外線

実は、ほうれい線の一番の原因とも言えるのが、紫外線です。

 

紫外線は、肌のハリに欠かせないコラーゲンやエラスチンを劣化させて破壊してしまうからです。

 

エラスチンは肌を奥から支える柱のような存在なので、それが破壊することで肌が内側に食い込んでしまいます。

 

こうしてできてしまうのが、ほうれい線です。

 

驚くべきことに、ほうれい線のように肌に刻まれるシワの約8割は紫外線が原因だといわれています。

 

加齢は2割となっていて、紫外線の方が加齢の4倍もの割合を占めています。

 

紫外線を浴びてきたことは、男性にとっては特に外回りなどの仕事をがんばってきた証とも言えますが、長年浴び続けた紫外線が序々に肌にダメージを与え続け、年齢を重ねるごとに男女問わずほうれい線となって現れてきます。

 

肌の乾燥


肌に潤いが保たれている人とそうでない人とを比べてみると、ほうれい線が出来やすいのは明らかに後者となっています。

 

肌に水分が与えられていれば肌は柔軟性が保たれているので、笑ったときなどに口の横のシワができたとしてもすぐに元に戻りますが、乾燥して固くなった肌であれば、そのまましばらく元に戻らなくなるからです。

 

そして、こうした状態を繰り返すことで、いつの間にか濃く深いシワが刻まれていきます。

 

このように、肌が乾燥した状態が長く続けば続くほど、笑ったときなどにできる、一時的な肌のシワも形状維持しやすくなり、口の横のシワはほうれい線として肌に存在感を残すこととなります。

 

生活習慣

肌に刻まれるシワの原因は、「加齢が2割・紫外線が8割」といわれていますが、その加齢の部分には、長年習慣化された生活によって形成される生活習慣も大きく関係しています。

 

例えば、下を向いてよくスマホを見ている方は、重力によって頬が下に垂れてくるので、ほうれい線ができやすくなります。

 

また、寝る時にいつも決まってどちらか片方を向いていたり、頬を枕や腕に押し付けて寝る習慣のある方は、そのままの形状でほうれい線が刻まれやすくなります。

 

さらに、食事の際にどちらか片方ばかりで噛む癖のある方は、片方の頬ばかりに力が入りやすくなるため、片方にほうれい線ができやすくなります。

 

こういった何気ない生活上の癖が片方だけほうれい線が濃い原因となってしまうのです。

 

ほうれい線対策@ 最大の原因である紫外線をカット!


紫外線対策としてまず、はじめていただきたいのが紫外線対策です。

 

紫外線は、ほうれい線だけでなく身体全体の肌老化を早めてしまいます。

 

そのため、海や山などのレジャーに出かけるときはもちろん、毎日の習慣に取り入れていただきたい対策です。

 

ほうれい線の原因は約8割が紫外線

年齢と共に気になるほうれい線ですが、実は、原因の8割は紫外線によるものです。

 

それは、紫外線を浴びることによって、肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチンといった成分が変性してしまうから。

 

ほうれい線が年齢と共に濃くなっていくのは、そこに、さらに表情筋などによる皮膚の変形が重なることで、シワやほうれい線となって肌に刻まれていくからです。

 

反対に、子供のときはいくら紫外線を浴びてもシワやほうれい線がある子はほとんどいませんよね。

 

それは、年齢が低ければ低いほど、肌の生まれ変わりが活発だからです。

 

紫外線を浴びてダメージを受けた肌細胞をどんどん追い出し、新しい細胞が生まれているからなんですね。

 

でも、実は、大人になってからのシワやほうれい線の数は、子供のときに浴びた紫外線の量も関係しているといわれています。

 

そのため、子供の頃によく外で遊んでいた方や、外の部活に励んでいた方こそ、大人になってからの早めの対策が必要だといわれています。

 

紫外線の種類は?

紫外線は、毎日空から降り注いでいます。それは、曇りの日や雨の日も同様です。

 

曇りの日は日差しが強くないために紫外線も少ないと思われがちですが、雲の間から太陽が出ている場合には、雲からの散乱光が加わるため快晴の時よりも多い紫外線が観測される場合もあるので油断は禁物です。

 

紫外線には、A波とB波がありますが、直射日光に当たらなくても、じんわり肌の奥で肌老化を進めるのが紫外線A波です。

 

このA波は、一年中降り注ぎ、雲もガラスも通過するために曇りの日も雨の日も家にいるときも危険なのに加えて、肌の弾力を保っている真皮にも届きます。

 

ピークは4〜8月ですが、それ以外でもピーク時の1/2以上の量が降り注いでいます。

 

紫外線B波は、浴びたことがわかりやすく、すぐに肌が赤くなったりヒリヒリしてきます。

 

こちらは、直射日光に当たらなければある程度は防げる紫外線で、5〜8月がピークとなり、冬は量が極端に減ります。

 

紫外線はシワやほうれい線、シミの原因になりますが、A波は主にシワやほうれい線、B波は主にシミの原因になるといわれています。

 

肌に届く紫外線をカットするには?

肌に届く紫外線をカットするには、紫外線カット効果のある帽子をかぶったり上着を羽織ったりするのも良いですが、日焼け止が必須です。

 

また、女性であれば日傘という対策もありますが、男性ですとなかなか抵抗のあるアイテムかと思います。

 

それを考えても、もっとも気軽に紫外線対策ができるのは日焼け止めとなっています。

 

それではどんな日焼け止めを選べば良いのでしょうか?

まず、日焼け止めには必ず“SPF”と“PA”という表示があります。

 

その横に記載されている数字や“+”の量が防御するレベルで、数字が大きかったり+が多い方が長い時間紫外線をカットできる日焼け止めというわけです。

 

そして、シワやほうれい線の原因となるA波のブロック力を表しているのが“PA”、シミの原因となるB波のブロック力を表しているのが“SPF”となっています。

 

薬局などで日焼け止めを選ぶときには、SPFにばかり目がいっていまう方も多いですが、シワ対策やほうれい線対策には、“PA”に注目して日焼け止めを選ぶことが大切です。

 

+の量は、+から++++までありますが、++++が紫外線A波のブロック力が非常に高くなっています。

 

ほうれい線対策A 生活習慣のクセを治す!


ほうれい線は、生活習慣を変えるだけで発生率を大幅に下げることができます。

 

これまでの習慣を変えるのはちょっと面倒ではありますが、少しの心がけが大きなほうれい線対策につながります。

 

良い姿勢を心がける

いつも猫背のように背中を丸くしてスマホを見たりパソコン作業をしている方はいませんか?

 

この姿勢は、肩甲骨が開いて、肩が前に押し出されます。

 

すると、どうしても鎖骨や首が下に押されてしまうので重力によりほうれい線ができやすくなります。

 

また、姿勢が悪いと、身体全体の血行が悪くなってしまい身体の余分なものや水分が排出されにくくなってしまうために顔がむくみやすくなります。

 

すると、肌が固くなり、重みが出るために下に垂れやすくなってほうれい線ができる原因となってしまいます。

 

今すぐにできるほうれい線対策は、姿勢を正すこと!これが日常生活で簡単に取り組めるほうれい線の消し方です。

 

今この記事をご覧いただいている方も、ぜひ、姿勢を伸ばして一息ついて伸びをしてみてください。

 

そして、今後は猫背にならないことを意識して生活されることをおすすめします。

 

寝る時は上向きで

ほうれい線対策には、毎日の眠る体勢がとても重要なポイントとなっています。

 

眠るときくらい気を抜いて、好きな姿勢で眠りたいですよね。

 

でも、そんな毎日の習慣がほうれい線の深さとなって顔に現れてしまいます。

 

2014年に株式会社オークローンマーケティングが行った調査によれば、40代から50代の男性のうち、横向きで寝ている方の割合は全体の半分にものぼっています。

 

この横向きこそが、ほうれい線をいちばん出来やすくする体勢です。

 

毎晩、続けて顔の一部を枕に押し付けることで、目じりやほうれい線を濃くするなどの肌老化を早めてしまいます。

 

また、この横向きの体勢で寝続けていると、年齢を重ねるごとに顔が左右非対称になります。これが片方だけほうれい線が出現する原因となります。

 

左右どちらかのほうれい線が極端に濃い方は、無意識で横向きで寝ている可能性が高いので注意してみましょう。

 

ほうれい線対策B 有効成分でスキンケア!


一番変化を感じられるほうれい線対策は、ズバリ!スキンケアです。

 

とくにこれまで何も肌のお手入れをしてこなかった方は、目に見える変化にワクワクすることでしょう。

 

ほうれい線に効果的な成分を取り入れて、さっそく今日から対策をはじめましょう。

 

ほうれい線の大敵は肌の乾燥

肌が乾燥している方はほうれい線が出来やすい状態です。

 

肌の乾燥はあらゆる肌悩みを作りだす要因で、年齢に関係なくシワやほうれい線を作り出します。

 

それは、肌の約80%は水分でできているからです。

 

肌の真皮にはコラーゲンやエラスチンといった肌の弾力成分に加えて、水分を保持するヒアルロン酸が存在します。

 

このヒアルロン酸が水分をたっぷりと含んでいるからこそ、肌が潤いを保ち、コラーゲンとエラスチンの隙間をしっかりと埋めることができます。

 

肌が乾燥していると、ヒアルロン酸が水分を保持することができずにしぼんだままとなり、肌の弾力が失われ、シワになりかけた部分の復元力もなくなってしまいます。

 

そのため、肌が乾燥してる方は年齢よりも老けて見られたり、シワやほうれい線ができやすい肌質となっています。

 

肌に触れてみて、ザラザラしていたりカサカサしている方は、肌が乾燥している証拠。さっそく今日からスキンケアをはじめて肌の保湿を心がけましょう。

 

ほうれい線対策No.1は「ニールワン」というシワ改善成分!

ほうれい線対策にもっとも効果的といわれている有効成分は、polaのリンクルショットに含まれる「ニールワン」という成分です。

 

このニールワンは、“シワ改善のパイオニア”といわれている『ポーラ・オルビスホールディングス』によって2016年に発見されました。

 

ニールワンが配合されたリンクルショットの解説はこちら

 

ポーラの研究によると、肌が紫外線や表情圧によって生まれる炎症をキズだと判断し、“好中球エラスターゼ”という成分を過剰に発生させることがわかりました。

 

これまでは、シワと紫外線の因果関係は解明されていませんでしたが、ポーラの研究により、その好中球エラスターゼこそが、コラーゲンやエラスチンを分解し、シワを発生させることが判明しています。

 

そして、好中球エラスターゼの働きを阻害する唯一の成分がポーラから発売されたリンクルショットに含まれるニールワンです。

 

そのため、ニールワンが含まれているリンクルショットなどのスキンケア用品をほうれい線に塗布することで、シワの原因となるコラーゲンやエラスチンの破壊が防がれ、さらに保湿効果もあり、ほうれい線が薄くなることがわかっています。

 

ポーラから発売されているリンクルショットは、ほうれい線の原因となる潜在的なシワをなくす方法として20代の女性や男性からも注目されています。

 

ポーラのリンクルショットを使用する順番は、化粧水を使用した後です。そうすることで、リンクルショットに含まれる有効成分が毛穴に浸透しやすくなります。

 

ポーラのリンクルショットの塗り方で大切なのは、気になるほうれい線を下から上へと優しく持ち上げることです。

 

リンクルショットはドラッグストアなどでは販売していないため、安く買うのは難しいですが、すでにあるほうれい線を消す方法として、男女問わず幅広い年齢層から支持されています。

 

ほかにもシワに効く成分といわれているものはいくつかありますが、ポーラのリンクルショットに含まれるこのニールワンは、肌の真皮にも届くので、男性の固くなった肌や深いシワの改善にも役立つのでおすすめです。

 

浸透しやすいように角質除去を意識しよう

スキンケアで意識することは、「いかにリンクルショットなどに含まれている有効成分を肌に浸透させるか」ということになります。

 

いざ、肌に良い成分でのスキンケアを始めようとした際、肌に古い角質が溜まってゴワゴワのままよりは、余分な角質がオフされ、やわらかい状態である方が毛穴への浸透率もグンと上がります。

 

とくに、40代50代の男性は、肌の角質が溜まりやすく硬くなりがち。

 

実際に、10代の肌細胞の生まれ変わりは約20日といわれていますが、40代では約55日、50代では約75日とだんだんと遅れていき、古い角質を追い出す力も弱くなっています。

 

こうして、肌が固くなっているとリンクルショットなどのスキンケア用品の浸透率も下がるため、効果を実感するまでに時間がかかる場合があります。

 

また、せっかくポーラのリンクルショットを使用しても有効成分が浸透せず、効果なしで終わってしまう場合もあり得ます。

 

そのため、ポーラのリンクルショットを使用する前にできる男性のスキンケアの第一歩としては、ピーリングなどの角質ケアをすることがおすすめです。

 

ピーリングは、肌に塗って優しくこするものや、ただ塗るだけのものがドラックストアで販売されているので、「ピーリング」「角質除去」「肌のターンオーバーを整える」と記載されているものを選びましょう。

 

スキンケアの順番としては、ピーリングをした後にポーラのリンクルショットのような有効成分の入っているスキンケア用品を塗布すると効果的です。

 

リンクルショットは潜在的なシワへの効果が期待できるので、顔ほうれい線だけでなく、首のシワやおでこのシワなど気になる部位にリンクルショットを使用してみましょう。

 

ほうれい線やシワの対策として、リンクルショットを使い始めるのに何歳からといった決まりはありません。

 

リンクルショットは皮膚のたるみによるほうれい線に継続的に使い続けることで効果を実感できます。ほうれい線を取る方法としておすすめですよ。